営業時間・定休日
営業時間

AM 10:00 ~ PM 7:00

 
定休日

火曜日

 
電話番号

082-273-5711

 
 
住所

〒733-0822

広島市西区庚午中1-19-19

リクルート

スタッフブログ

   
2018/11/01  イベント 
今日はパスタ
 
こんにちは!サービス部のよっちゃんです。





イタリアといえばパスタを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか☆

ナポリのパスタは美味しい!





 イタリア南部、地中海に面した街ナポリはまるでトルコのイスタンブールのように様々な人種に溢れ、喧噪に満ちた街。





 車線の無いような道を、至るところがへこんだ古いアルファ ロメオがぶっ飛ばし、その横をバイクが走り抜け、その合間を縫ってジャケパンのおやじがタバコを吸いながら道路を横断する。





 そんなナポリですが、その美しい風景と世界一美味しいとされるナポリ式ピッツァ、そしてエスプレッソでは大変有名です。





 ヨーロッパの各地から訪れた観光客は「ナポリピッツァを食べに来たんだ」と言うんだそうです。




でも今日はよっちゃんの好みと独断と偏見でナポリパスタのお話をさせていただいております。
お許しください。

さて、ナポリパスタの特徴ですが、これはいくつかあります。





最も基本的なレシピである、「スパゲッティ・ポモドーロ」すなわりトマトのスパゲッティで考えてみましょう。

 ①フレッシュなトマトがごろりと入っていること ナポリのトラットリアで出るスパゲッティ・ポモドーロの多くは、フレッシュなトマトを使っています。 しかもちょうどトマトの酸味で塩気が隠れるくらいの生っぽさと、柔らかくとろけるような火の通った食感の両方を、ちょうどいい加減でモノにしている。 これがナポリのトマト系パスタがとんでもなく美味しい理由の一つですね。

 ②やや太めの生麺がベスト ナポリの危険地区と言われ、観光客は近づくなとさえ言われているスペイン地区という場所に、一件の有名なトラットリアがあります。トラットリア・ネネッラというトラットリアで、すぐに大行列の出来てしまう人気店ですね。 そんなトラットリア・ネネッラのスパゲッティ・ポモドーロはやや太めの生麺を使っています。 他にもナポリで美味しいトラットリアの多くは、同じような麺を使っている。トマトソースのパスタといえば少し細めの麺を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、ここは太麺で行くのがナポリ風の特徴です。

 ③素材は極めてシンプル ここで5種ミックスのハーブソルトを入れて、ここでチキンベースを入れて、ここでワインを少々、隠し味の……なんていうのはちょっと凝り過ぎですね。 ナポリのパスタの美味しさは究極の引き算にあります。材料はニンニク、オリーブオイル、パスタ、トマト、塩、最後にトッピングする生バジル。これだけです! 料理をしているとついつい色々なものを足していきたくなってしまいますが、本当の美味しさはこのように洗練されたシンプルさにあるようですね。

 ④たっぷりのオリーブオイル ナポリのスパゲッティはまるっきり油が多めです。 先ほども書いたようにナポリのスパゲッティ・ポモドーロは太麺なので、オリーブオイルをたっぷりと使って、麺とソースの絡み具合を良くしています。 ちなみに個人的にはさらにテーブル用のオリーブオイルを貰い、少しかけて食べることが多いですが、その辺りはお好みで。 





 日本では、 油の取り過ぎは健康に良くないというイメージもあり、オリーブオイルを控えめにパスタを作る人も多いかもしれません。





しかし太麺のナポリパスタの場合は、油が少なくトマトの水気が多かったりすると、味気なく美味しくなく出来上がってしまう。 ここはあまり遠慮せず。 またオリーブオイルもあまり安いものではなく、少し良いエキストラバージンのイタリアかスペイン産のものを選ぶと香りが出ます。





特に最後に少しかける生のオリーブオイルが良い物であればあるほど、パスタのランクがあがるそうです。





 良かったらお試しくださいね(*´ー`*)
ではでは。
 
2018年11月(6件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
スタッフ
OS
MT
YK
HT
スタッフ
ページ上部に戻る